読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別荘は買わない

つもりです・・・が先のことは誰にもわかりません。

地学の時間

★面白い

2012年第一刷。

エネルギーについてよく耳にするニュースの本質を

分かりやすく解説してくれます。

 再読です。

前回はコチラ

エネルギーと環境 - 別荘は買わない

 

 

資源がわかればエネルギー問題が見える (PHP新書)

資源がわかればエネルギー問題が見える (PHP新書)

 

 

天然ガスは採取直後には気体なので、消費地まで何千本も鋼管をつないだパイプラインによって輸送されます。そもそも気体の天然ガスは、石油や石炭のような貯蔵は不可能なのです。一方、主成分のメタンガスは、摂氏マイナス162度まで下げると液化するという性質があります。体積が気体時の600分の1になるため、液化天然ガス(LNG)に変えて専用船によって海上輸送されます。日本は海に囲まれているためパイプラインで天然ガスを直接ガス田から輸送するは、たいへんに困難です。したがって1969年にアラスカで産出した天然ガスを液化して輸入して以来、液化天然ガスに関連する世界的な技術を我が国は持つようになりました。

 

地球上にあるたくさんの元素と親和性が高い鉄は、様々な鉱物に混ざって存在しています。そのため、人類が望む性質を持った鉄鋼を作るには、精確な比率で元素を選り分ける必要があります。強度、電気の通り具合、曲がり具合などを満たす鉄を生み出す高度な技術がそれです。鉄鉱石を鉄鋼にするには、いくつかのプロセスを経ます。