読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別荘は買わない

つもりです・・・が先のことは誰にもわかりません。

縄文時代の重要な食料資源

縄文人は農耕をおこなっていたのではないか?

 

縄文農耕の世界―DNA分析で何がわかったか (PHP新書)

縄文農耕の世界―DNA分析で何がわかったか (PHP新書)

 

 

クリは、縄文時代には今よりもずっと重要な食料資源と捉えられていたらしい。三内丸山遺跡から出土したクリの実も実に多かった。あとで詳しく紹介する富山県小矢部市の桜町遺跡でも、とてつもない量のクリの殻が出土して担当者の頭を痛めた。これ以外にも縄文時代のいくつもの遺跡から、多量のクリの殻や子実が出てきている。

 

幕臣たちの巻き返し

政界、言論界、実業界などで多くの元幕臣たちが頭角を現し、

日本の近代化を下支えしていく。

 

江戸っ子の意地 (集英社新書)

江戸っ子の意地 (集英社新書)

 

 

静岡藩は70万石の身上では賄いきれない多数の藩士を抱え、財政難に苦しんでいたが、その一方学問や軍事面のレベルは他藩の追随を許さないほど高かった。かつての幕府が母体である以上、当然と言えなくもない。そもそも江戸幕府は、他藩の藩士の中から、学問や技量に秀でた者を幕臣として積極的に登用していた。たとえば中津藩士だった福沢諭吉もその一人である。人材不足に悩む明治政府はタレントの宝庫である静岡藩に目をつけ、そこから優秀な人材を引き抜いていく。

 

 

「あとは任せる」と言ったのにハシゴはずす

日本的組織は、曖昧。

忖度の必要があります。

 

「俺は聞いてない!」と怒りだす人たち

「俺は聞いてない!」と怒りだす人たち

 

 

部下によるホウ・レン・ソウがあまりないと、上司としては自分がないがしろにされているといった気持ちになりやすい。自分の仕事能力や人格的魅力に自信のない上司ほど、部下に軽視されている、部下に頼られてないと思い、自分の必要性に疑念を抱きやすい。

 

歯と貧困には深い関係がある

アメリカ社会の貧困化が加速している。

学資ローンに追い立てられる若者たち。

老後の生活設計が崩れた高齢者たち。

オバマ大統領登場後の状況をルポしています。 

 

ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)

ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)

 

 

現在アメリカ国内で歯科医療保険を持っていない国民は1億人、約三人に一人いる。貧困層では数百万人の子供たちが、治療しないままの虫歯を持っている。まだ小学生で歯がすっかり抜け落ちてしまっている子供も少なくない。歯と貧困には深い関係がある。ほかの病気と違い、歯には自然治癒というものがないからだ。

 

日本人のルーツは?

縄文時代は1万年以上と言われています。

結構長いですね。

 

 

縄文人からの伝言 (集英社新書)

縄文人からの伝言 (集英社新書)

 

 

アサリやハマグリの貝殻には、それらが日々成長した跡である成長線と呼ぶ筋が残されています。アサリハマグリは寒い冬にはほとんど成長しないため成長線が詰まっており、それは年輪のようになります。その数を数えればその貝が何年生き、何本目の成長線の時にゆでて食べられたのかがわかるのです。

 

外ですることがない

「生活不活発病」は初めて聞きましたが、

名前から何となくわかります。

気を使ったつもりで、動くことを制限していませんか?

 

 

ここで、外出は生活を活発にするのによいことだからと、そのまま「外に出なさい!」と言いたくなるかもしれません。しかし、私どものこれまでの研究で、外に出ない理由で最も多いのは、「外ですることがない」ことでした。村岡さんの場合も、外ですることができたから外出するようになりました。ですからただ「外に出るように」というのではなく、外に、楽しみみ、やってみたいと思う具体的なことを見つけることが大事です。

 

腰痛、肩こり、頭痛

アゴ(顎)が上がると骨盤が後傾して背中と腰が丸まる。

これが肩こりや腰痛症の原因になります。

 

 

アゴを引けば身体が変わる?腰痛・肩こり・頭痛が消える大人の体育? (光文社新書)

 

 

お尻に力を入れて立つ習慣を身につければ、特にスクワットをやらなくても、生涯、猫背にはならないと約束してもいい。

 

理想のしゃがみ方とかがみ方は、反り腰をキープして出っ尻にすることである。この尻を突き出す動作を「ヒップヒンジ」という。ヒップヒンジでかがめば、椎間板への圧縮力と関節に加わる負荷を最小限に抑えられるのだ。また、上体が前に倒れようとする力を、強靭な尻と太腿の筋肉に分散することができるので、腰を痛める可能性がぐっと低くなる。