読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別荘は買わない

つもりです・・・が先のことは誰にもわかりません。

あ、神風は吹かなかったのだ

著者の本は読んだことがありませんでした。

多感な14歳の時に満州で敗戦を迎え、

その後の満州吉林からの引き揚げ体験がつづられています。

身につまされます。

しかし、目をそらさず 事実に向き合いたいと思います。

 

 

14歳〈フォーティーン〉 満州開拓村からの帰還 (集英社新書)

 

 

少女はこちら向きに座っていた父親とばったり目が合う。
「戦争は終わったよ」
「負けたよ」と言ったのかもしれない。
少女はうなずくだけで、何も言わなかったが、
「あ、神風は吹かなかったのだ」と心の中で思った。

戦後、71年が経過し、今後、満州引き揚げやシベリア抑留など、

語られなかった真実が徐々に明らかにされていくでしょう。