読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別荘は買わない

つもりです・・・が先のことは誰にもわかりません。

哲学者クロサキ

この著者はいったい何者、という感じです。

 専門はカント哲学とのことですが、

チェロを弾いたりするのです。

 

 

落語の面白さは、演出も役者も小道具も、すべてを一人の人間がこなすというところにあります。つまり文字にして外化しなくても自分の中で完結するというところが、面白い。落語は今も口伝の世界に生きており、落語には、声の文化が持っていた一回限りの、喋ったら消えてしまうけれど、魂から出てくる魅力があると言えるのではないでしょうか。