読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別荘は買わない

つもりです・・・が先のことは誰にもわかりません。

ベイズ確率

再読です。

前回はコチラ

可能性はゼロでないということ - 別荘は買わない

ベイジアン」と言われるイギリスの数学者トーマス・ベイズベイズ確率は「主観確率」を採用する考え方です。 

筆者は「主観確率も公理系を満たすから確率でいい」とベイズ確率の草分けの鈴木雪夫先生に言われ得心したそうです。

ベイズ確率 - Wikipedia

 

確率の勉強は、まずこの「コルモゴロフの公理」から始まります。

確率空間 - Wikipedia

 

統計・確率思考で世の中のカラクリが分かる (光文社新書)

統計・確率思考で世の中のカラクリが分かる (光文社新書)

 

 

ストックとは、ある時点の状態を表す数字であり、フローは、ある期間の数字の動きを表すものです。一見ている数字がストックかフローかは、つねに意識する必要がある重要なポイントです。◇◇つねに変化するフローの数字と、積み重ねとしてのストックの数字、双方が重要です。これは常識的な話です。接している数字がフローなのかストックなのかは、いつも意識していないと判断を誤ることになります。