読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別荘は買わない

つもりです・・・が先のことは誰にもわかりません。

「罪意識扶植計画」とは何か

この本の言っていることを出鱈目だと言い切れる

いわゆる知識人・評論家と言われる人はいるのでしょうか?

もしいれば、その意見もきいてみたいものです。

 

日本人の誇り (文春新書)

日本人の誇り (文春新書)

 

実はアメリカが日本に与えた致命傷は、新憲法でも皇室典範でも教育基本法でも神道指令でもありません。占領後まもなく実施した、新聞、雑誌、放送、映画などに対する厳しい言論統制でした。終戦のずっと前から練りに練っていたウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP=戦争についての罪の意識を日本人に植え付ける宣伝計画)に基づいたものでした。この「罪意識扶植計画」は、自由と民主主義の旗手を自任するアメリカが、戦争責任の一切を日本とりわけ軍部にかぶせるため、日本人の言論の自由を封殺するという挙に出たのです。これについては江藤淳氏の名著「閉された言語空間」(文春文庫)に余すところなく記されています。
この「罪意識扶植計画」は、日本の歴史を否定することで日本人の魂の空洞化をも企図したものでした。ぽっかりと空いたその空地に罪意識を詰め込もうとしたのです。そのためにまず、日本対アメリカの総力戦であった戦争を、邪悪な軍国主義者と罪のない国民との対立にすり替えました。300万の国民が米軍により殺戮され、日本中の都市が廃墟とされ、現在の窮乏生活がもたらされたのは、軍人や軍国主義者が悪かったのであり米軍の責任ではない。なかんずく、世界史に永遠に残る戦争犯罪、すなわち二発の原爆投下による20万市民の無差別大量虐殺を、アメリカは日本の軍国主義者の責任に転嫁することで自らは免罪符を得ようとしたのです。人道を掲げるアメリカにとって、人類初の、人類唯一の、原爆投下は申し開きのできない悪夢中の悪夢なのです。この二発で、アメリカはあのヒットラースターリン毛沢東という冷酷な殺人鬼と同列に置かれるからです。日本軍は真珠湾攻撃でも軍事目標以外の者をいっさい標的としませんでした。アングロサクソンが日本の立場にあったなら必ずアメリカへの復讐を誓うでしょうから、日本の復讐を恐れ、徹底的に言論を封殺し、軍部や軍国主義者を憎悪の対象に据えた、という側面もあるでしょう。

 

これを読んでどう感じるでしょうか?本当?と感じるでしょうか。騙されていた?と感じるでしょうか。嘘だろ?と感じるでしょうか。洗脳されていた?と感じるでしょうか。

本当のことを知ることが大事ではないでしょうか。」

 

 

閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本 (文春文庫)

閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本 (文春文庫)