読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別荘は買わない

つもりです・・・が先のことは誰にもわかりません。

あなたは「わび・さび」がなにか説明できますか?

この本を読むと、

少なくとも一週間は話題に事欠きません。

周りの人たちがびっくりするような、

感心するような、納得するような、

そんな話が詰まっています。

 

 

多くの日本人は、鍋料理の場合、最初は、気を遣って取り箸で取り、専用のおたまやレンゲで料理を分けると思います。が、だんだん酔っぱらって来たり、座が盛り上がったり、打ち解けてくると直箸で鍋の中の食物を取るようになることが多いでしょう。中国や韓国では、最初から直箸を鍋に突っ込むのが普通です。「逆さ箸」もしません。
つまり、鍋料理には「シェアすること」と「直箸を経験するかもしれないこと」という二つのハードルが、西洋人にはあるのです。
もしあなたと一緒に鍋料理を楽しんでいる西洋人がいたら、その人はよっぽど日本に慣れたか、内心、激しい葛藤を隠しているか、あなたととても親しい関係だと思っているか、どれかでしょう。

 

突然ですが、あなたは「わび・さび」がなにか説明できますか?
日本の文化と言えば「わび・さび」と言われています。番組で日本人に街頭インタビューすると、ほぼ全員が「いえ・・・よくわからないです」と戸惑いました。
日本に来ている外国人に訊くと「シンプルであること」「何も持たないこと」「少ないことに幸せを感じること」「わび・さびは日本文化の中心です」と次々に答えました。